• 借り換えキャッシング・カードローン比較

銀行カードローン・即日融資・パートOKなどジャンル別カードローン比較

カードローン借り換えのメリット

カードローンを借り換えるメリットとしては、支払い総額を減らせることができる可能性が高いというところです。

現在利用中のカードローンよりも金利が低いところを探すことで、返済の負担を軽くすることができます。

複数の会社から借り入れをしている場合など、様々な金利で支払い続けている場合には1本化やおまとめ専用ローンに借り換えた方がよろしいでしょう。

早く返済してしまいたい時には、おまとめ専用ローンを選ぶことには確かにメリットがあります。

金利設定が全体的に低めになっているため、確実に返済額を減らすことができます。

返済日を1日にまとめることが出来るといったメリットもあります。

1ヶ月に複数の会社への返済があると、それぞれの返済日や返済額などをきちんと把握しておかなければなりません。

常に返済という事が頭から離れず精神的な負担になり、うっかり返済日を忘れ滞納してしまうということも考えられます。

返済日を1日にまとめることが出来れば月に一度の返済で良いので返済日を忘れてしまう心配も無くなり余計な負担がなくなります。

また、おまとめや借り換え専用ローンは返済方法がリボルビング方式ではなく、段階的に減っていきやすい方式を採用していることも多く、新たに借り入れができないようになっているものもあります。

このように借り換えのためのローンは、より早く完済に近づくためのシステムが整っているので完済の目途もつきやすい特長を持っています。

これまで返済を続けてきてもなかなか終わりそうにもない、と感じている方が再度返済モチベーションをアップするためにも有効な方法であると言えるでしょう。

カードローンは、借り換えができるということをあまり書いていないこともありますが、借り換えができたという方もたくさんいます。

カードローンとしての使いやすさに不満がある場合なども、使いやすいカードローンに借り換えるというのもよいでしょう。

例え1%~2%程度の金利の差であっても、借り入れている金額が大きければ大きいほど支払う利息の差は大きくなり、支払い総額にかなり大きな差が出ることもあるでしょう。


カードローン借り換えのデメリット

カードローンを借り換えるデメリットとして挙げられるのは、審査がやや厳しく時間がかかってしまうこともあるという点です。

借り換えローンの申込みは一般的なカードローンの申込みに比べて金額が大きくなる場合が多く、その分審査が厳しくなってしまったり時間がかかってしまったりするケースもあるようです。

借り換えて消費者金融等の貸金業者から借りる場合、総量規制による年収の制約があります。

審査に通った後も借り換え時に上乗せ融資を受けると、借り換え前より借入残高が増えてしまう可能性もあります。

また、借り換え後によくある注意点としては、消費者金融等の貸金業者へ複数借入を1つに借り換えた場合、総量規制が関わり、借り換えの金額が年収3分の1を超える場合は、借り換え後に追加借入が一切できなくなる点です。

今まで限度額内で空きがあれば、追加融資をしていた人にとって、追加借入が禁止となるのは思っていた以上に不便さを感じることになるでしょう。

限度額内で借入ができず、他の消費者金融へ申込みしても総量規制で借りることはできません。

銀行のカードローンであれば総量規制対象外で借入は可能ですが、借り換え直後に申込みしても契約からまだ日が浅いため、銀行のカードローンでも審査が通らない可能性が高いと言えます。

また、借り換えをしたことで安心し過ぎてしまい、その後の返済の責任感が弱くなってしまうということもあるでしょう。

借り換えローンは利息の見直しや複数のカードローンの一本化やおまとめ専用ローンなどで自身の借り入れをスマートにすることが出来ますが元の借入金額が減るわけではありません。

借り換え後もしっかりと責任感を持ち返済していくことが大切です。


カードローン借り換えをする際のポイント

借り換えローンの審査は通常より厳しいです。

また、審査に通過するためにはそれなりの「準備」が必要です。

審査には「一定の基準」があります。

ローンに申し込むと、どの金融機関でも審査が行われます。

「申込者に返済能力があるかどうか」を測る審査です。

これは借り換えローンも例外ではありません。

金融機関では審査の際に主に参考されるのが、以下の2つが基本となります。

1申込み内容に関する調査2コンピュータのスコアリング1つ目は申込みの際、申込書類に自身のプロフィールを詳しく記入しますが、金融機関はそれに「記入された内容に嘘がないかどうか」確認します。

その手段として、「個人信用情報機関」という第三者機関から申込者の信用情報が参照されるのです。

信用情報には、主にその人のクレジットカードやローンに関する利用情報が記録されています。

それをベースに書類内容の信憑性を判断するのです。

そして、次に行われるのが「在籍確認」です。

「本当に申告された会社に勤務しているのか」確認するため、金融機関は申込者の勤務先に電話をかけます。

2つ目は過去の統計データを利用して行われる調査方法です。

各金融機関は、過去の顧客プロフィールや支払履歴を「統計データ」として独自にまとめ、審査に応用しています。

年齢、性別、既婚or未婚、勤務先、勤務年数、勤務形態や年収、借入希望額、他社借入件数、他社借入金額、事故情報の有無など、様々な条件で検索し、申込者のプロフィールに一番近い過去のユーザーをコンピュータが探しだします。

「申込者に似ているユーザーが過去にきちんと返済を行ったか」を一つの参考にするのです。

もちろん以上の他にも、申込者の態度や言動などに問題がないか、借入の目的、なども少なからず審査に影響します。

また審査で最も重視されるのが「他社からの借入件数」です。

一般的に4社以上は審査に影響を及ばす可能性が高いです。

借り換えする際は上記2つが現状問題はないか(住所や勤務先等が変更されている。

収入が変わったなど)。

借り入れをしているカードローンはいまいくつか。

などをもう一度確認しましょう。

審査に問題はなくても、1度に1本化するのではなく、少しずつ借り換えしていったほうが上手くいく可能性が高いでしょう。


カードローン借り換えの注意点

カードローン借り換えの際に1番注意しておきたいことは総量規制の関係です。

総量規制とは2010年6月に貸金業法改正に伴い導入された法律で、2010年6月以降、貸金業者は顧客の年収の3分の1以上の貸付は原則禁止となりました。

つまり年収3分の1以上の借入で消費者金融等の貸金業者へ借り換えした場合、総量規制例外貸付として融資を受けることになりますので、借入後に原則限度額内で借入はできなくなるということです。

総量規制例外貸付はあくまで「例外」的な融資の為、一度例外に貸付はできますが、貸付分も含め年収の3分の1未満にならなければ、どこの貸金業者へ申込みしても融資は断られます。

これが借り換えローンのデメリットとも言うべき問題で、 年収3分の1を超える総量規制例外融資の場合は返済のみの契約となりますので、完済になるまで基本的に限度額内でも追加借入はできなくなることを覚えておかなければなりません。

ただし、総量規制は貸金業法の中の法律の為、適用を受けるのは貸金業者のみとなります。

貸金業者とは貸金業登録している会社のことで、主に消費者金融、クレジット会社(キャッシングのみ)、信販会社(キャッシングのみ)となります。

銀行などの金融機関は銀行法という違う法律となるため、総量規制の対象外で年収3分の1の規制は受けません。

そのため銀行カードローンは量規制対象外となりますので、銀行カードローンへ借り換えすれば仮に年収3分1以上の融資だったとしても、リボ契約の商品であれば借り換え後も限度額内で借入は可能なのです。

また、消費者金融でも借り換え前よりも金利・毎月の返済金額・総返済金額が上回ることなく、追加の担保や保証人を必要としない借り換えであれば、「顧客に一方的に有利となる借り換え」に該当し、総量規制例外貸付として認められています。

金利を下げることで毎月の返済金額を軽減することができますが、その分余裕を持って長期返済プランにした場合、完済までの総返済金額は借り換え前よりも上回ることがあります。

その場合は「段階的に債務を減らす借り換え」として貸付することになります。


カードローン借り換えの効果(具体例)

カードローンを借り換えることによって効果的になるメリットは、実質年率が下がることによって利息負担が小さくなり、結果的に月々の返済額や総返済額を小さくすることができることです。

借金の金利というのは「年利(年率)」によって決まります。

例えば、実質年率が15%の借金と年率が8%の借金とがあれば後者の方が安いコストでお金を借りられるということになります。

借金の借り換えは、こうした金利の高いものから安いものに切り替えるということを意味しています。

たとえば、Aという消費者金融から50万円を年率15%で借りているとします。

これを別のBという銀行カードローンから50万円を年利8%で借りて、Aのローンに対して「繰上返済」をします。

こうすることで、Aのローンはなくなり、Bのカードローンだけが残ります。

以後は、Bに対して返済を続けていけばいいのです。

借り換えの経済の効果は金利や返済期間によっても異なります。

仮に先ほどの例である50万円のローンがあり、これを15%のローンから8%のローンに借り替えたとして経済効果を分析してきます。

返済回数は24回(2年)で元利均等返済方式とします。

年率15%:58万1840円年率8%:54万2727円となります。

借り換えによって4万円弱の経済効果が生まれることになります。

ローン総額が減ることはありませんが、「より金利(利息)が安くなる」プランにすることが大切です。

複数の金融機関で借りるより、借金を1社にまとめるように借り換えして「おまとめローン」などのプランに入ることがより早く返済が終わるでしょう。

消費者金融だろうとカードローンだろうと、こうした金利は「借りる金額が大きくなるほど」安くなるのが一般的です。

ですから、複数の金融機関からかりるよりも1社からまとめて借りた方が最終的にかかる金利は安くなる可能性が高いともいえます。


カードローン借り換えの際、必要な準備・必要書類

カードローン借り換え審査で必要になるものは、本人確認書類です。

これは借り換えではなくても、ローンを組む時には必ず必要となります。

消費者金融のフリーキャッシングに申し込みをするときにも、基本的には本人確認書類のみです。

しかし、総量規制に基づいて収入証明書類の提出が必要になる金額もありますので注意が必要です。

本人確認書類は、運転免許証・パスポートなどがありますが、最も良いのは運転免許証です。

健康保険証は顔写真が入っていない為、カードローン審査時には平成28年10月1日から使えません。

一方パスポートは顔写真が入っており、本人確認書類として利用することは可能ですが一般的な心証からすれば、免許証の方が良いでしょう。

借り換え審査の場合によく提出を求められるのは収入証明書です。

金融機関は何よりもまして経済力を見ますので、まずはここである程度どれくらいのお金を貸すことができるのかということを判断してきます。

大きな金額となるおまとめローン、借り換えローンでは消費者金融でも収入証明書類が必要になります。

収入証明書とは源泉徴収票や確定申告書などになりますが、サラリーマンの人なら給料明細書2カ月分(直近に限る)でも収入証明書として認められています。

そのため、審査前に収入証明書は出来る限りたくさん用意しておきましょう。


借り換えの返済方法

借り換えして選ぶ返済プランとしてもっとも効果的なのは「おまとめ・借り換えローン」でしょう。

この「おまとめ・借り換えローン」は金融機関から借り入れするので審査がありますが、月々安定した収入があれば大体通ります。

審査次第ですが、パート・アルバイトの方も申し込めます。

おまとめローンの目的は、多重債務を一本化し月々の支払いの負担を減らして今後の返済を楽にすることです。

より金利が低い金融機関1件から融資を受け、もともと借り入れがあった複数の会社へ全額返済(完済)すると、返済義務が残るのはおまとめローンで融資を受けた1件だけとなります。

低金利になった分、今までよりも利息が安くなり、負担を減らすことが可能となるのです。

金利設定が全体的に低めになっているため、確実に返済額を減らすことができます。

返済日を1日にまとめることが出来るといったメリットもあります。

1ヶ月に複数の会社への返済があると、それぞれの返済日や返済額などをきちんと把握しておかなければなりません。

常に返済という事が頭から離れず精神的な負担になり、うっかり返済日を忘れ滞納してしまうということも考えられます。

返済日を1日にまとめることが出来れば月に一度の返済で良いので返済日を忘れてしまう心配も無くなり余計な負担がなくなります。

おまとめや借り換え専用ローンは返済方法がリボルビング方式ではなく、段階的に減っていきやすい方式を採用していることも多く、新たに借り入れができないようになっているものもあります。

このように借り換えのためのローンは、より早く完済に近づくためのシステムが整っているので完済の目途もつきやすい特長を持っています。

これまで返済を続けてきてもなかなか終わりそうにもない、と感じている方が再度返済モチベーションをアップするためにも有効な方法であると言えるでしょう。


カードローン借り換え審査方法

カードローン借り換えの審査は通常より厳しいです。

また、審査に通過するためにはそれなりの「準備」が必要です。

審査には「一定の基準」があります。

ローンに申し込むと、どの金融機関でも審査が行われます。

「申込者に返済能力があるかどうか」を測る審査です。

これは借り換えローンも例外ではありません。

金融機関では審査の際に主に参考とされるのは、以下の2つが基本となります。

1申込み内容に関する調査2コンピュータのスコアリング1つ目は申込みの際、申込書類に自身のプロフィールを詳しく記入しますが、金融機関はそれに「記入された内容に嘘がないかどうか」確認します。

その手段として、「個人信用情報機関」という第三者機関から、申込者の信用情報が参照されるのです。

信用情報には、主にその人のクレジットカードやローンに関する利用情報が記録されています。

それをベースに書類内容の信憑性を判断するのです。

そして、次に行われるのが「在籍確認」です。

「本当に申告された会社に勤務しているのか」確認するため、金融機関は申込者の勤務先に電話をかけます。

2つ目は過去の統計データを利用して行われる調査方法です。

各金融機関は、過去の顧客プロフィールや支払履歴を「統計データ」として独自にまとめ、審査に応用しています。

年齢、性別、既婚or未婚、勤務先、勤務年数、勤務形態や年収、借入希望額、他社借入件数、他社借入金額、事故情報の有無など、様々な条件で検索し、申込者のプロフィールに一番近い過去のユーザーをコンピュータが探しだします。

「申込者に似ているユーザーが過去にきちんと返済を行ったか」を一つの参考にするのです。

もちろん以上の他にも、申込者の態度や言動などに問題がないか、借入の目的、なども少なからず審査に影響します。

また審査で最も重視されるのが「他社からの借入件数」です。

一般的に4社以上は審査に影響を及ばす可能性が高いです。

契約は信用があってはじめて成り立ちます。

特に勤務先、他社借入については厳しくチェックされます。

借り換えする際は上記2つが現状問題はないか(住所や勤務先等が変更されている。

収入が変わったなど)。

借り入れをしているカードローンはいまいくつか。

などをもう一度確認しましょう。

審査時にも申し込み内容の書類に記入漏れや誤字はないか、事故情報(返済の延滞、債務整理など)がないかなど、しっかりと確認し事前に情報を整理しておくなど出来る限りのことはしておきましょう。


おまとめローンとは?

おまとめローンとは、多重債務を一本化し月々の支払いの負担を減らして今後の返済を楽にするカードローンにおける返済プランの1つです。

例えば、より金利が低い金融機関1件から融資を受け、もともと借り入れがあった複数の会社へ全額返済(完済)すると、返済義務が残るのはおまとめローンで融資を受けた1件だけとなります。

低金利になった分、今までよりも利息が安くなり、負担を減らすことが可能となるのです。

おまとめローンは金利設定が全体的に低めになっているため、確実に返済額を減らすことができます。

多数の金融機関より融資を受けている場合は、返済日を1日にまとめることが出来るといったメリットもあります。

1ヶ月に複数の会社への返済があると、それぞれの返済日や返済額などをきちんと把握しておかなければなりません。

常に返済という事が頭から離れず精神的な負担になり、うっかり返済日を忘れ滞納してしまうということも考えられます。

返済日を1日にまとめることが出来れば月に一度の返済で良いので、返済日を忘れてしまう心配も無くなり余計な負担がなくなります。

おまとめや借り換え専用ローンは返済方法がリボルビング方式ではなく、段階的に減っていきやすい方式を採用していることも多く、新たに借り入れができないようになっているものもあります。

このようにおまとめ・借り換えのためのローンは、より早く完済に近づくためのシステムが整っているので完済の目途もつきやすい特長を持っています。

これまで返済を続けてきてもなかなか終わりそうにもない、と感じている方が再度返済モチベーションをアップするためにも有効な返済方法であると言えるでしょう。


おまとめローンのメリット

おまとめローンは、多重債務者にとって大変助けになる存在です。

おまとめローンのメリットはいくつかあります。

おまとめローンの目的は、毎月の負担を軽減することにあるとも言えます。

おまとめローンには、銀行系と消費者金融系がありますが、どちらも毎月の返済額を圧縮することを目的としたものです。

おまとめローンは金利設定が全体的に低めになっているため、確実に返済額を減らすことができます。

また、借入額が大きくなるほど、更に金利がお得になる商品もあります。

多数の金融機関より融資を受けている場合は、返済日を1日にまとめることが出来るといったメリットもあります。

1ヶ月に複数の会社への返済があると、それぞれの返済日や返済額などをきちんと把握しておかなければなりません。

常に返済という事が頭から離れず精神的な負担になり、うっかり返済日を忘れ滞納してしまうということも考えられます。

返済日を1日にまとめることが出来れば月に一度の返済で良いので、返済日を忘れてしまう心配も無くなり余計な負担がなくなります。

さらに、返済総額も抑えられます。

これはおまとめローンにもよりますが、金利が軽減されるなどの条件を加味すると、最終的な返済総額は、複数の業者にそのまま払い続けるよりもお得なことが多くあります。

現在払っている金額だけでなく、完済時にトータルでどれくらい払うことになるのかを今一度確認し、おまとめローンの場合と照らし合わせてみると良いでしょう。

おまとめや借り換え専用ローンは返済方法がリボルビング方式ではなく、段階的に減っていきやすい方式を採用していることも多く、新たに借り入れができないようになっているものもあります。


おまとめローンのデメリット

おまとめローンを利用しようと思い、金融機関の窓口やホームページに掲載されているおまとめローンの広告などを調べると、基本どこもローンを一本化することによって得られるメリットばかりが強調されています。

しかし実際にはいくつかのデメリットも存在するので、ご利用をお考えの方は特に知っておく必要があります。

ローンをお考えの方はまず、「何を目的に一本化するのか?」について考えてみてください。

多くの人が、「毎月の負担を減らし、今の苦しい状況から抜け出したい」と考えておられるでしょう。

おまとめローンのメリットとして、毎月の負担を軽減するためのプランはあります。

そのため、おまとめローンを申し込む際、毎月の返済額を少なく設定する人も多くいます。

しかし注意していただきたいのは、「毎月の返済額を少なくする=返済期間が長くなる」ということです。

返済期間が長くなれば、当然支払う利息も多くなってしまいます。

したがって、おまとめする前より返済総額が増えることにもなりかねません。

おまとめローンにも通常のキャッシングと同様の審査があります。

しかも組もうとするローンは金額も大きくなるため、更に審査が厳しくなってしまうことも考えられます。

そして借入件数が多過ぎたり、遅延や滞納があったりする人は通りにくい傾向にあります。

特に銀行系は金利も低い分、細かいところまでチェックされることが多いようです。

月々の返済額が減ってしまうと、「借金が少なくなった」という錯覚を起こす人もいます。

また、おまとめをすることによって一度に完済してしまった業者からは、増枠の勧誘などが届くようにもなります。

そういった誘惑に負けてしまうと再び窮地に立たされてしまいます。

そのようなデメリットがあることも覚えておきましょう。


おまとめローンの注意点

おまとめローンにはたくさんのメリットとデメリットが存在します。

メリットは毎月の負担を減らせることや返済日を1日にまとめられること、金利設定が低いプランもあり返済額を減らせられる可能性があることなどです。

反対にデメリットとして、審査が厳しいことや毎月の返済額が減ったため、借金も減ったと考えてしまうことが考えられます。

ローンをお考えの方はまず、「何を目的に一本化するのか?」について考えてみてください。

多くの人が、「毎月の負担を減らし、今の苦しい状況から抜け出したい」と考えておられるでしょう。

ただし、「いつ完済できるのか」「金利はどうなるのか」「返済総額はどれくらいになるのか」長い目で見てみる必要もあります。

実際におまとめローンを利用するとお得か否かは、現在支払っているローンの元本や金利、毎月のお金の動きなど、具体的な数字を元に、シミュレーションをしてから判断すると良いでしょう。

ただし、支払総額が増えても、毎月の負担を減らしたほうが良いと考える人もいます。

その場合、計算によって算出された数字ばかりを重要視することもできません。

家計に及ぼす効果についても考慮する必要があります。

とはいえ、おまとめローンは多重債務に苦しむ人にとって強い味方です。

おまとめのためのローンは、より早く完済に近づくためのシステムが整っているので完済の目途もつきやすい特長を持っています。

これまで返済を続けてきてもなかなか終わりそうにもない、と感じている方が再度返済モチベーションをアップするためにも有効な返済方法であると言えるでしょう。

おまとめローンは、多重債務者にとって大変助けになる存在です。

使い方を間違わず、賢く利用すれば、必ずあなたの助けになるはずです。


融資可能な限度額は?

急にまとまった額のお金が急に必要になった場合などの際、カードローンの融資をご利用される場合もあるでしょう。

その際に、借り入れできる限度額はカードローン先によって変わります。

融資限度額は基本的に年収によって決められます。

消費者金融で融資を受ける際の融資限度額は、年収の3分の1程度の借り入れが限度額となります。

これは総量規制により限度額が低く設定されているためです。

各消費者金融の融資限度額は1万円~500万円に設定されていますが、最高限度額の500万円を借りるとすると、ご利用される方の年収が1,500万円以上でなければ、借りることができません。

例えば、年収が300万円の場合借入限度額は100万円までとなるのです。

一方で銀行カードローンの場合には、総量規制や割賦販売法の影響を受けませんから、年収の3分の1までしか借りられないということがありません。

審査をする側の裁量により貸付額を決めることができ、年収にのみ左右されはしないのです。

例え申込者の年収が低かったとしても家族収入で余力がある場合、また資産を有する場合なども踏まえた審査が行えるので、年収以上の借入も不可能ではありません。

銀行カードローンでの融資限度額は800万円や1,000万円など、高いものが多くあります。

しかし、融資限度額は個人個人によって、借りられる額に違いがあるため一概には言いづらいのですが、総量規制対象外の銀行カードローンと言え、最高限度額が高いため、年収の3分の1程度が目安となっているのです。

銀行カードローンでも審査において年収に対する借入金の割合は、やはり重要視されますがあくまでも目安です。

けれど、法的制限があるわけではないので少しくらいオーバーしていても通る可能性も十分あるのです。

現に銀行カードローン利用者の口コミを見ていると、年収の半分程度の借入れに成功している方は少なくありません。

ただし、そうした方々はある程度の年収がある場合が多く、年収100万円、200万円という方の場合、限度額の割合はもっと低いものになっているようです。


総量規制とは?

貸金業法により、借り入れをご利用される方が貸金業者から借りることのできる額の総額に制限が設けられている規制のことです。

具体的には、借入残高が年収の3分の1を超える場合、新規の借入れをすることができなくなる法律となります。

ただし、この規制が適用されるのは、消費者金融などの貸金業者から個人が借入れを行う場合です。

貸し付けの契約には「個人向け貸し付け」「個人向け保証」「法人向け貸し付け」「法人向け保証」の4種類があります。

その中で、総量規制の対象となるのは、「個人向け貸し付け」のみであって、法人向けの貸し付けと保証、また個人向けであっても個人向け保証については総量規制の対象にはなりません。

総量規制の対象となる「個人向け貸し付け」とは、個人がお金を借り入れる行為のことです。

ただし、個人が事業用資金として借り入れる場合は、原則として総量規制の対象とはなりません。

銀行からの借入れや法人名義での借入れの際などは、決められている制限はまた違うものとなるため、総量規制の対象外となります。

また、住宅ローンなど一般に低金利で返済期間が長く、定型的である一部の借入れについては、この総量規制は適用されません。

貸金業者が行う総量規制の適用がない貸し付けには、例外とされる貸し付け、除外される貸し付けがあります。

例外貸し付けは、借入残高が年収の3分の1を超えていても、例外的に借り入れをすることができますが、その残高は総量規制の借入残高に加算されます。

一方で除外貸し付けは、総量規制の対象とならない貸し付けとなります。

借り入れの残高が年収の3分の1を超えていても借り入れすることができ、その残高も総量規制の借り入れの残高に加算されません。

例外となる貸し付けのものは、「借り換えローン」「緊急医療費貸し付け」「特定緊急貸し付け」「個人事業者への貸し付け」「配偶者と合算して年収合計の3分の1を超えない貸し付け」となります。

除外となる貸し付けのものは、「住宅ローン」「自動車ローン」「高額療養費の貸し付け」「有価証券担保貸し付け」「不動産担保貸し付け(居宅以外)」

限度額と極度額の違い

銀行カードローンや消費者金融のカードローン、クレジットカードのキャッシング枠など、お金の借り入れ方法はいろいろとありますが、借り入れの際必ず設定されるのが融資限度額です。

いくらまで借りることができるのか、その最大枠が限度額なわけですが、その他に似たような言葉で極度額というものがあります。

限度額とは、他に利用限度額、利用可能額、借入限度額、融資限度額などといった呼び方がされており、現在借りることのできる最高限度額のことをいいます。

カードローンの場合、利用限度枠など「枠」という言い方もされています。

一方で極度額とは、借入極度額や契約極度額などと書かれている場合もあり、これは何かというと、契約上のご利用上限のことを指すのです。

そのため、ご利用される方の利用限度額は、この極度額の範囲内で設定されます。

例えば、極度額が50万円と設定され、利用限度額が20万円という場合、50万円までは借り入れのご利用者に対して融資ができるものの、今すぐに利用できる最大額は20万円までとなります。

その範囲内でしたら繰り返し利用が可能ですよ、ということになるのです。

カードローン会社側はきちんと返済してもらえるのであれば、たくさん融資したいと考えています。

そうすれば、利息収入が得られるからです。

そのため、申し込みの段階で申込者に多く融資できる可能性を設定しておきます。

初めから極度額いっぱいまでの融資をしてしまいますと、どんな借り方・返し方をするか、まだ実績がない方に対してはリスクが高くなるためのものです。

最初は小出しにしてとりあえず20万円、と極度額より小さい利用限度額を定め、顧客の返済能力を見極めるのです。


利用限度額を上げるには?

カードローンには利用できる金額が定められていて、これを利用限度額といいます。

この利用限度額は増やせないのか、と思われる方もいらっしゃるでしょうが、場合によっては増やすことができます。

利用限度額はまず、本人の申告した希望額と実際にカードローンを提供する銀行などの審査によって決定します。

これを変更したい場合、まずカードローンの契約極度額が条件として挙げられます。

契約極度額とは、カードローン契約の際に定められた契約上の最大金額です。

最大○○万円までご融資、と書かれているのが契約極度額となります。

利用限度額は契約極度額の範囲内でなくてはいけませんので、それ以上の金額が必要となる場合はまた金額に見合った別のカードローン契約に申し込みし直す必要があります。

そして利用限度額を決定する際に大きく関わるのが「信用」です。

これは利用の状況によって決まり、過去に借りた分をきちんと返済しているか、遅延などはないかといったことです。

また、借りて完済している場合も信用実績に大きく関わり、何度か借りて完済を繰り返した人は信用が大きく上がります。

シンプルに言うと回収が問題なくできると思ってもらえれば信用が上がります。

利用限度額が上がる余地ができ、実際に利用限度額を上げるためには二つの方法があります。

銀行等の貸主から申し出られるか、利用者が申し込むかです。

貸主から申し出る場合は利用者に電話などで連絡があります。

この場合は利用限度額の引き上げの余地ができているため利用者の同意があれば最終的な審査のみで増額の可否が決まります。

もう一つの利用者から申し込む場合は電話やインターネット、窓口から申し込み、審査により利用限度額を上げる余地があるかを確認して決定します。

一度上がった利用限度額はよほどのことがなければ下げられることはないので、必要になったら引き上げられるかを聞いてみるといいでしょう。


利息の計算方法は?

カードローンを借りる場合は、当然ながら利息が付きます。

利息は借りた金額(元金)と契約の際に定められた利率、借入日数によって決まります。

利率には1日分の利率である日歩、1月ごとの利率の月利、1年間の利率である年利がありますが、一般的に利率と呼ぶのは年利であり、たいていの場合は実質年率と表記されています。

主な返済方法として、一括返済と分割返済の2つがありますがそれぞれ計算方法が違います。

一括返済の場合の利息の金額は、利息=元金×利率÷365日×日数で求めます。

50万円を借りた際、利率が15%で30日後に返済した場合の利息は50万×15%÷365×30=6164.3835・・・・となり、30日間で6,164円の利息が付きますので、返済額は506,164円です。

次に分割払いの場合ですが、通常は実質年率が分割回数によって変わります。

例として50万円を毎月5万円ずつの返済として10回の分割払いとした場合、毎月の元金返済額が5万円で利率が13%であれば、利息は(5万円×13%÷12か月×1か月)+(5万円×13%÷12か月×2か月)+・・・と計算していき、合計の利息は29,791円となります。

合計の返済額は529,791円となります。

毎月の支払金額は52,979円で、初回のみ52,980円です。

分割返済の場合は借入が長期になることが多いため、利息は大きくなります。

しかし元金が徐々に減っているため、完済まで10か月の場合はおおよそ一括返済1か月分の5倍ほどの利息となります。

また、繰り上げ返済として予定より早めに、大きな金額を返済することができればさらに利息も抑えることができます。

金額や事情によって返済方法はさまざまですが、なるべく早く返済することで利息が少なくなることは間違いないので、少しでも余裕があれば可能な限り早めの返済をするほうがいいのは確かでしょう。


審査に通らない理由その1、ブラック申込み

カードローンに申し込んだけど、審査の結果は駄目だった・・・そんなことがあった場合、『ブラック申込み』になっているかもしれません。

『ブラック申込み』とはなんなのか。

これは正式な名称ではありません。

『申込みブラック』と呼ばれることもあります。

これはカードローンの審査の際、収入や返済実績に問題がない場合でも短期間のうちに何社ものカードローンに申し込んだりしていた場合に呼ばれます。

ではなぜ審査に通らなくなるのかといえば、短期間に複数社に申し込んでいることで現在非常にお金に困っているのではないか、他社の審査に落とされているのではないかと疑われてしまい、きちんと返済するかの信用が下がってしまうからです。

どうしてカードローン会社が他社の申し込みまでわかるのか、といえば、個人信用情報機関というところが申し込みの履歴などの情報をカードローン会社の要請に応じて開示しているため、それを見てカードローン会社が判断します。

これも審査の一環として行われています。

多くのカードローン会社では、1か月に2、3社の申し込み履歴があった場合には『ブラック申込み』と判定することが多いようです。

では、いったん『ブラック申込み』とされた場合はどのくらいの期間でその履歴が消えるのか。

先述の個人信用情報機関では6か月の間履歴をデータとして残しているようです。

なので、6か月の期間を開ければ履歴は真っ白となり、『ブラック申込み』とはされなくなります。

気を付けなくてはいけないのが、カードローンだけではなくクレジットカードの申し込みも同じように扱われる点です。

種類が違うから大丈夫、と油断しているとうっかり『ブラック申込み』に分類されてしまうかもしれません。

『ブラック申込み』となることを回避するためには、短期間で複数の申し込みを避けることです。

おおむね一か月の間を開けると大丈夫と思われますが、毎月申し込むようだとやはりそうみられかねません。

どの程度から『ブラック申込み』と扱われるかは各社の規定によりますので、可能な限り少数に絞るべきでしょう。


審査に通らない理由その2、自己申告と事実が異なる

カードローンに申し込む際、少しでも審査に通りやすいようにと申告内容をごまかしたくなるかもしれません。

しかし、虚偽の申告は発覚することが多く、発覚した場合には審査を通ることが難しくなります。

申告の際、住所や氏名のほかに勤務先や勤続年数、雇用形態、収入、他社借入状況などを申告する必要があります。

特に収入や雇用形態、他社借入状況は自信がなければごまかしたくなるかもしれません。

ばれるはずがない、と思ってしまうのでしょう。

収入に関しては、銀行が行うカードローンであればかなりの金額まで収入証明書の提出が不要となるために発覚する可能性は低く思えます。

しかし信販会社や消費者金融では利用限度額が50万円を超える場合は収入証明書を提出していると思われます。

また、申告金額と職業・年齢の相場がかけ離れていた場合は見抜かれてしまうことが多いようです。

そうでなくても後日収入証明書の提出を求められ、提出して嘘がばれた場合や提出自体をしなかった場合は新規借り入れができなくなったり契約の解除を求められる可能性もあります。

他社借入状況はもっと悪く、すべてのローンやクレジットカードの利用状況をデータとして集積している個人信用情報機関などから提供されるデータですぐ発覚してしまいます。

わずかな金額の差異であれば計算ミスなどで済むでしょうが、本当は100万円の借り入れがあるのに50万円と申告したなどの大きな差異であれば、すぐに嘘とわかってしまいます。

これは一社分だけ抜けていたなどの失念も嘘と変わらず扱われてしまいます。

また、カードローン会社から勤務先への在籍確認連絡が行われた際の何気ないやり取りから発覚する場合もあります。

虚偽申告はあまりいいことはありませんから、後ほど発覚した際にはこちらが非常に不利となってしまいますので自分の現状を正直に申告しなくてはいけません。

不安であればコールセンターなどで事前に相談をしてみるのもいいのではないでしょうか。


審査に通らない理由その3、カードのキャッシング枠

カードローンに申し込んだけど、審査に通らない・・・今まで返済の延滞もないし収入額も問題はなく、ブラック申込みとなる他社への申し込みも行っていない。

いったいなぜ?となったとき、原因はクレジットカードのキャッシング枠のせいかもしれません。

現在は様々なポイントカードに付随してクレジット機能がついています。

そのため、使わなくてもクレジットカードが財布の中に何枚もあることは珍しくありません。

そしてクレジットカードの多くはショッピング枠のみではなく、キャッシング枠もついています。

キャッシング枠があってもキャッシング自体はしていないのに、と思われるかもしれませんが、キャッシング枠があるということはその分いつでもキャッシングができるということになります。

例えば300万円のカードローンに申し込んだ際、クレジットカードのキャッシング枠が合計で100万円分あり、他社からの借り入れがない状態で収入額から算出した利用限度額が300万円だったとします。

そして300万円を借りた後、クレジットカードでキャッシングを行い100万円借りた場合は限度額を超えてしまいます。

そうなると滞りなく返済してもらえるかどうかわからなくなってしまうため、審査の際に未使用のキャッシング枠も考慮された状態で審査することとなります。

その結果、審査を通らないということになってしまうのです。

キャッシング枠は使わないうちは意識しないかもしれませんが、いざというときに困ってしまうかもしれませんので必要のないキャッシング枠はカード会社に連絡してゼロにしてしまうことをお勧めします。

何かあったときのために残しておきたい場合は、その分も考慮しておかねばなりません。

複数のカードがあるようなら、一部だけ残してほかはゼロにしてしまうのもいいかと思います。

事前の対処をしっかりしておけば、審査に通る可能性は高くなるでしょう。







同じカテゴリーの最新の記事

  • 借り入れの審査は大きく分けて3つ

    借り入れする際に審査されるポイントは大きく分けて3つとなります。  「属性の審査」「信用情報」「保証会社と2つの審査」が主な審査となります。  まず、借り入れの際に申込書に借り入れする本人の年齢や職業、勤続年数などといった、いわゆる...


  • 借り入れの種類

    借り入れにも様々な種類があります。  「個人を対象にした借り入れ」「法人や個人事業主向けの借り入れ」「保証人や担保を設定する借り入れ」などが主な種類となります。  一般的に「借り入れ」というと、個人を対象にした借り入れを指すことが多...


  • 借り入れとは?金融機関は主に4つに分けられる

    借り入れとは、「主に金融会社から融資を受けること」です。  借り入れ先には様々な媒体があり、銀行や銀行系消費者金融、消費者金融などがあります。  お金を借りられるという仕組み自体は大変便利ではありますが、その扱い方を間違えてしまうと...


  • アコムの特徴

     コマーシャルが有名なアコムは知名度でいうと他社よりも有名でしょう。 また、三菱UFJグループの金融会社であるため、信頼度の高い銀行系金融会社にあたります。  特徴としては、初めて借入をする利用者が安心して利用できるように考えられて...


  • モビットの特徴

     モビットは三井住友銀行グループの金融会社であり、銀行系であるため安心して利用することができます。  モビットには他社にはない大きな特徴があります。 「WEB完結」というサービスで、三井住友銀行か三菱東京UFJ銀行に普通預金口座を持...


  • プロミスの特徴

     いくつもある消費者金融会社の中で、プロミスは大手に分類されます。 よくコマーシャルもやっていますね。 では、他社と比べてどのような特徴があるのでしょうか。  プロミスは正式名称を「SMBCコンシューマーファイナンス株式会社」とい...


  • 三菱東京UFJ銀行カードローンの特徴

    三菱東京UFJ銀行カードローンの特徴として大きなものは低金利。  銀行カードローンと消費者金融のメリットだけを取った様なカードローンといえます。  カードローンのご利用条件は、安定した収入のある20歳以上65歳未満の方が対象となりま...


  • 楽天銀行スーパーローンの特徴

    「楽天銀行スーパーローン」は、楽天銀行が提供しているカードローンです。 カードローン業界全体が厳しい状況にあるなかで順調に利用者数を伸ばしており、2015年3月末時点で貸付金残高は2900億円を突破しています。  メリットとしてあげ...


  • 東京スター銀行おまとめローンの特徴

    東京スター銀行では、「スターワンバンクローン」というプランがあります。  コースは2種類あり、「おまとめローン」「のりかえローン」の2つの借り換えローンを展開しています。  東京スター銀行は、個人の方に特化した銀行です。  法人で...


  • オリックス銀行カードローンの特徴

    ...




目的別カードローン特集

最短即日融資!使えるカードローン比較 初心者でも安心のカードローン特集 主婦でも借り入れできるカードローン特集

女性におすすめ!安心して利用できるカードローン特集 おまとめ借り換えローン特集 内緒で借りたいカードローン特集

銀行・銀行系カードローン特集 低金利カードローン特集 無利息期間ありカードローン特集

すでに借り入れありだけどさらに借りられる? 審査は大丈夫?審査の前に簡単診断 無利息期間ありのカードローン特集