• 収入証明書不要なカードローン特集

収入証明書不要なカードローン特集

収入証明書が不必要になる条件とは?

収入証明書は基本的に利用限度額に応じて必要か不要なのかが判断されています。

収入証明書の必要、不要かにおいては、消費者金融の場合と銀行の場合とで少し異なっている為、注意が必要です。

例えば、消費者金融の場合は、50万円以下の利用限度なら収入証明書は不要になっている場合が多くなっています。

ただし、他社ですでに利用している場合は、合計額が100万円を超える場合、収入証明書の提示が必要になってきます。

銀行の場合は、消費者金融より額が大きく100万円から200万円程度までなら、収入証明書不要でも利用する事が可能になっています。

その為、収入証明書の準備が難しく、それでも大きな額の借り入れを行いたい場合は、銀行の方が便利だと言う事が言えるのです。



収入証明書とは?

収入証明書とは、所得証明書とも言われており、前年の1月1日から12月31日までの1年間収入を証明する事ができる書類になっています。


どんなものが収入証明書になるの?

収入証明書になるものとしては、会社員のように勤めている人の場合、源泉徴収票が一般的なものとなっており、自営業などの場合は、確定申告書の控えなどでも収入証明書として利用する事ができるようになっています。

また、給与明細書でも大丈夫な場合がありますが、この場合一か月分だけではなく、数か月分の給与明細書が必要になってくる場合が多くなっています。


収入証明書が必要な理由とは?

カードローンを利用する際、限度額を設定する事になってきます。

この限度額の設定においての判断基準として、収入証明書が必要になってきます。

収入証明書で収入を把握する事で、いくらまでなら返済する事が可能なのかと言う判断を金融機関が行い審査の基準にしていくのです。